現場の状況によって変わるグリストラップ清掃の「最適解」

現場状況によって変わる
グリストラップ清掃
「最適解」

放置すると悪臭や害⾍発生の原因となるグリストラップ。清掃の⼿間や苦痛を減らす選択肢は、「業者への依頼」だけではありません。「浄化装置の設置」や「清掃グッズの活用」といった清掃方法もあります。各方法のメリット‧デメリット、そして全国への出張や販売に対応&費用が明確な清掃企業・装置・グッズについてまとめました。現場に適したグリストラップ清掃方法を選びましょう。

グリストラップの清掃方法
業者・浄化装置・グッズの3つ

グリストラップの清掃方法である「清掃業者への依頼」「浄化装置の設置」「グッズを使った清掃」について、メリットやデメリット、各清掃方法が向いている現場をご紹介します。

清掃業者に依頼する

メリット
  • 月に1回、自分たちで清掃する手間を省ける
    (現場での定期的な清掃は必須)
  • 一回あたりの清掃料金を抑えられる
デメリット
  • 月1回の清掃だけだとすぐに汚れてしまい、
    悪臭や害虫が再発するペースが早い
  • ランニングコストがかかる
向いているのはこんな現場
  • 単発でのグリストラップ清掃を依頼したい
    現場
  • 日々のグリストラップ清掃を行える
    社員・アルバイトがいる現場
向いているのはこんな現場

清掃業者に依頼するメリットは、月1回~2か月に1回のペースで本格的な清掃をプロに任せられる点です。もちろん現場で日々の清掃は必要ですが、月に1回、素人では落としきれない汚れをプロの手でリセットできるので、清掃作業がグッと楽になります。

しかし、厨房の使用頻度が多い現場だと月1回の清掃だけは直ぐに汚れてしまい、悪臭・害虫が再発するペースが早いという懸念があります。毎月清掃を依頼することで、ランニングコストがかかるデメリットも。清掃業者への依頼が向いているのは、単発で清掃を依頼したい現場や日常的にメンテナンスをしっかりと行える社員・アルバイトがいる現場です。もし業者に清掃を依頼するなら、月内の清掃頻度を増やせるか確認しましょう。

全国出張可の清掃業者をチェック

浄化装置を設置する

メリット
  • 24時間365日稼働するので、
    悪臭や害虫の発生を常に抑えられる
  • 定期的なごみ取りだけで
    長く使える&きれいな状態を保てる
デメリット
  • 導入費用(本体価格)が高い
  • 現場での清掃頻度が減るので、
    バスケットのゴミ取りを忘れがち
向いているのはこんな現場
  • 悪臭や害虫の発生を常時抑えて
    常に清潔な状態
    を保ちたい現場
  • グリストラップの清掃に
    自社内の人手を極力かけたくない現場
向いているのはこんな現場

浄化装置を設置するメリットは、24時間365日稼働することでグリストラップ内を常に清潔な状態でキープできる点。グリストラップ内の環境悪化を防ぎ、悪臭・害虫が発生するリスクを常時抑えることができます。メンテナンスはゴミを定期的に取り除くだけなので、自分たちで清掃する必要がありません

楽に清潔な状態を保てる点が魅力の浄化装置ですが、本体価格は決して安くないので、資金がない現場が導入するのは難しいでしょう。ただし、清掃業者の費用が2万円、浄化装置の費用が60万円だと仮定して、3年~4年以上浄化装置を使用するのであれば業者に依頼するよりもお得です。バスケットのゴミ取りは、月に1回だけでも現場で対応するのが理想。多少、導入費用がかかっても、悪臭や害虫の発生を抑えて清潔な状態を保ちたい現場、グリストラップの清掃に人員を割けない現場に向いています。

全国設置可の浄化装置をチェック

グッズを使って⾃分で掃除する

メリット
  • 口コミや使用方法に関する情報が豊富
  • 費用が掛からないので手軽に試せる
デメリット
  • 業者や浄化装置並みの効果を
    得られない可能性がある
  • 掃除からごみの処理まで全て自社で
    行わなければならず、手間がかかる
向いているのはこんな現場
  • 何よりもコスト削減を重視したい現場
  • 厨房を使用する頻度が少ない現場
向いているのはこんな現場

グリストラップの清掃にグッズを使用するメリットは、インターネット上にグッズの口コミや使用方法に関する情報が多いことから、自分たちの店舗にあったものを選びやすい点。清掃グッズは、清掃業者への依頼や浄化装置の設置と比べると安価なので気軽に導入できます。

デメリットとしては、グリストラップ清掃業者や浄化装置の設置と比べて、汚れを落としきれない可能性があること。また、掃除からゴミ処理まで自社で行う必要があり、手間や時間がかかるのが難点です。グリストラップに溜まったゴミは産業廃棄物として処理しなければならず、処理には資格が必要。資格を持っていない人がゴミを捨てるには、結局のところ、専門業者へ依頼しなければなりません。何よりもコスト削減を重視したい現場や、厨房を使用する頻度が少ない現場であれば、清掃グッズの使用を検討しても良いでしょう。

全国配送可のグッズをチェック

清掃業者への依頼、浄化装置の設置、グッズによる清掃には、それぞれ良し悪しがあります。大切なのは、現場の状況に合わせて適切な清掃方法を取り入れること。その点を踏まえて、グリストラップの清掃方法を検討しましょう。

全国に対応しているグリストラップ
清掃業者・浄化装置・グッズまとめ

膨大な企業情報を収集・発信するポータルサイト「Baseconnect」で検索し、表示された首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に拠点がある会社(グリストラップ清掃業者、浄化装置メーカーやグッズ取り扱いメーカー)のうち、①全国への派遣や設置、販売に対応しており、②費用が明確なグリストラップ清掃業者・浄化装置・グッズ取り扱いメーカーをご紹介します(調査時期:2021年12月時点)。
※清掃業者に関しては、「全国対応」「費用明記」の条件に加え、優秀な業者であることを示す「優良認定」にも注目して選定しました。

清掃業者浄化装置

清掃業者

※引用元:YouTube(https://www.youtube.com/embed/_o17SFsksPg)

アイエスジー

向いている現場
  • 単発でのグリストラップ清掃を
    依頼
    したい現場
  • 日々のグリストラップ清掃を
    行える

    社員・アルバイトがいる現場
清掃費用
19,000円程度
(250L)/1回

アイエスジー公式HPで
清掃方法や事例を確認

浄化装置

※引用元:YouTube(https://www.youtube.com/embed/3AzWhkk16vI)

AICグリースオゾナイザー
(エイ・アイ・シー)

向いている現場
  • 悪臭や害虫の発生を常時抑えて
    常に清潔な状態
    を保ちたい現場
  • グリストラップの清掃に
    自社内の人手を
    極力かけたくない
    現場
7年リース
月額8,300円~
(税込)
(※参考価格)
本体価格
63.8万円
(税込)

エイ・アイ・シー公式HPで
装置の魅力や事例を確認

清掃グッズ
(自分で掃除をする方向け)

向いている現場
  • 何よりもコスト削減を重視したい
    現場
  • 厨房を使用する頻度が少ない現場
清掃グッズ

※引用元:YouTube(https://www.youtube.com/embed/NPi1idlCPiw)

旭化成ホームプロダクツ

すくいん棒
7,344
(税込)
グリスト清
1,034
(税込)

旭化成公式HPで
清掃グッズの詳細を確認

清掃グッズ
清掃グッズ_アスクル

※引用元:アスクル公式HP(https://www.askul.co.jp/v/000366171/?cateId=2&andOr=0&itemExpl=0&searchWord=グリストラップ清掃&categoryS=&categoryM=&categoryL=&categoryLl=&categoryLll=&deliveryEstimate=0&minPriceRange=&maxPriceRange=&sortDir=0&resultCount=50&resultType=0&variation=0&pubPage=&ctg=&cutTermEndDate=&ctgItemCd=&printerMaker=&printerType=&printerModel=&callBackKbn=&fromSelfPage=0&refineKbn=&refineCD1=&refineCD2=&refineCD3=&lstSelSpecCd=&priceRangeInputFlg=0&supplierCd=&supplierSubCd=&exclusionWord=&searchControlKbn=0&exclusionFlg=0&spcialDelivPicExclusionFlg=0&inputKeyword=®ularOdrRulesKbn=&crossSellCd=&variationItemLImgPath=L1/3444904_l1.jpg)

アスクル

スリーケー
排⽔管洗浄液
1,529
(税込)
油吸着材ECO2
3,826
(税込)

アスクル公式HPで
清掃グッズの詳細を確認

清掃グッズ

※引用元:YouTube(https://www.youtube.com/embed/3kzozI0gO5o)

テクノ

グリスト
らくらく1L
3,080
(税込)
電動ドリル⽤
泡立て棒
14,000
(税込)

テクノ公式HPで
清掃グッズの詳細を確認

清掃グッズ

※引用元:アクアサービス公式HP(https://www.aqua-s.jp/kankyo/greasetrap.html)

アクアサービス

グリストラップ
洗浄剤HG-3
8,635
(税込)

アクアサービス公式HPで
清掃グッズの詳細を確認

全国に対応しているグリストラップ
清掃業者・浄化装置・グッズの会社詳細

グリストラップ清掃業者・浄化装置・グッズについて、さらに詳しくご紹介します。あなたの現場に合わせて、適切な清掃方法を取り入れましょう。

清掃業者

アイエスジー

  • 高層階や都市部のビルの
    グリストラップ清掃にも対応
  • 産業廃棄物収集運搬業許可証はもちろん
    優良認定済み
清掃費用 19,000円程度(250L)/1回
アイエスジー
引用元HP:アイエスジー公式HP(https://www.isgnet.jp/)

アイエスジーの特徴

バキュームで清掃を行う
法令遵守の清掃業者

アイエスジーは、高層階にあるグリストラップの清掃も実施している会社。バキュームカー・ポータブルバキュームを使用し、高層階や都市部のビルなど様々な場所の清掃に対応しています。作業前には現場の調査を実施し、騒音、臭気、駐車場等で迷惑が掛からないかチェック。グリストラップの構造を理解したプロが、細かな部分まで汚れを取り除きます。

また、産業廃棄物収集運搬業許可証の取得はもちろん、優良認定も受けています。法令を遵守する信頼できる業者に、グリストラップの清掃を依頼したい方にはおすすめな企業です。

年間での契約なら1回あたり19,000円程度(250L)の費用ですが、単発で依頼したい場合、35,000円程度(250L)の費用がかかります。グリストラップの容量、作業環境によって価格は変動するので、詳しくはアイエスジーへお問い合わせください。

アイエスジーの導入事例

アイエスジーの導入事例1
自分たちで清掃できない部分こそ
プロに依頼

グリストラップがとても深い位置にあり、従業員では日常清掃が難しいことから、アイエスジーへ依頼がきました。1槽目のカゴの中に残渣(ざんさ)が大量にたまってしまうので、2か月に1回のペースで清掃を実施。

お客様からは、「実際に清掃をしたあとに、報告書とともに今後の提案をして下さいました。作業員の方が丁寧に清掃してくださるので、とても助かっています。」と一言。専門業者によるグリストラップ清掃の良さを感じてもらえました。

※事例・画像参照元:アイエスジー公式HP(https://www.isgnet.jp/greasetrap/case10/
アイエスジーの導入事例2
毎月の清掃でコバエの発生を
最小限に抑制

現場の従業員の方がこまめに清掃しているため、グリストラップ内は綺麗な状態でしたが、コバエの発生が気になるとのことで依頼を受けました。現状もコバエの発生を抑えるために、毎月作業をしています。

お客様からは、「定期的に来てくれて助かる。コバエの発生を完全に防ぐことは難しいけれど、最小限に抑えることが出来ていると思う。毎回、清掃に来られる方もほぼ決まっており、決まった時間に来てくれて、安心してお任せできる。」とうれしい言葉をいただいています。

※事例・画像参照元:アイエスジー公式HP(https://www.isgnet.jp/greasetrap/case08/

アイエスジーの基本情報

  • 社名アイエスジー株式会社
  • 住所千葉県船橋市藤原3-16-17
  • 電話番号047-429-2152
  • URLhttps://www.isgnet.jp/

アイエスジー公式HPで
グリストラップ清掃を
申し込む

電話で問い合わせる

浄化装置

AICグリースオゾナイザー
(エイ・アイ・シー)

  • 強力オゾンで臭い・汚れ・詰まりを軽減
  • 清掃せずとも24時間365日
    清潔な状態を保てる
7年リース 月額8,300円~(税込)(※参考価格)
本体価格 63.8万円(税込)
メンテナンス 30,800円(税込)(年1回)
AICグリースオゾナイザー(エイ・アイ・シー)
引用元HP:エイ・アイ・シー公式HP(https://eco-kankyo.com/service/ozon_greestrap)

AICグリースオゾナイザー
(エイ・アイ・シー)の特徴

設置を忘れるほど
「清潔」が当たり前になる
オゾン浄化装置

エイ・アイ・シーが自社製品として扱う「AICグリースオゾナイザー」は、オゾンの力を利用するグリストラップ浄化装置です。強い酸化力を持つオゾンガスを注入して、厨房から出る汚れの油脂分を分解。24時間365日自動で運転するため、“常に”害虫を誘引する悪臭を発生させず、害虫に卵を産み落とさせず、配管の詰まりを防ぎ、グリストラップを衛生的な状態に保ち続けます

浄化装置には「バイオ式」「石鹸式」など様々なタイプがありますが、オゾンは人による薬剤投入の手間を必要としません。オゾンはお湯や油にも強いため、清掃効果を特に発揮する浄化方法といわれています。

浄化装置を設置した場合のグリストラップの清掃は、最低でも月に1度、バスケットに溜まった食品のくずを捨てるだけ。基本的には現場のスタッフでグリストラップの掃除をする必要がないため、肉体的にも精神的にも楽でしょう。

AICグリースオゾナイザー
の導入事例

AICグリースオゾナイザー導入事例1
「臭い」の変化はもちろん
清掃の手間を大幅削減

グリストラップ清掃の負担を減らすために、AICグリースオゾナイザーを導入。設置したことにより、なによりも悪臭が大幅に軽減したことを実感。そして、グリストラップ清掃に割いていた人手を本業に回すことができました。衛生的なメリットだけでなく、グリストラップ浄化装置の設置が業務効率のきっかけにもなった事例です。

※事例・画像参照元:エイ・アイ・シー公式HP(https://eco-kankyo.com/new/190225-2-2-2-2-2-2-2-2-2-2-2-2-2-3-2-2-2-2-2-2-2-2
AICグリースオゾナイザー導入事例2
臭気対策が結果的に
費用・工数の節約になった

臭気対策、環境保護、メンテナンス費の削減を目的に、AICグリースオゾナイザーを導入。強力なオゾンによる油脂の分解で臭いの漏れがなくなり、近所からの苦情がこなくなりましたネズミや虫も発生しなくなったとのことです。メンテナンス費用を節約できるという点でも、導入先に喜ばれています。

※事例・画像参照元:エイ・アイ・シー公式HP(https://eco-kankyo.com/グリーストラップ浄化装置「グリースオゾナイザ/960

AICグリースオゾナイザー
(エイ・アイ・シー)の
基本情報

  • 社名株式会社エイ・アイ・シー
  • 住所東京都八王子市万町23-2
  • 電話番号042-655-0130
  • URLhttps://eco-kankyo.com/

エイ・アイ・シー
公式HPで
浄化装置をデモから
申し込む

電話で問い合わせる

グッズ・洗剤

旭化成ホームプロダクツ

  • グリストラップ清掃の
    全工程をカバーする商品展開
  • 10分の清掃で完了するため
    労力もコストも大幅にカット
すくいん棒 7,344円(税込)
グリスト清 1,034円(税込)
旭化成ホームプロダクツ公式HP
引用元HP:旭化成ホームプロダクツ公式HP(https://www.asahi-kasei.co.jp/saran/)

旭化成ホームプロダクツの特徴

素人でも清掃が
10分で完了する
商品ラインナップ

旭化成ホームプロダクツは日用品関連の商品の開発・販売を行うメーカーであり、グリストラップの清掃を楽にするグッズや洗剤を計4製品展開。4製品をワンストップで使用することで、素人でもグリストラップ清掃を10分で完了できるとしています。

1ステップ目に使用する清掃グッズの「グリストネット」は、バスケットにかぶせるだけで網目に食品のくずが詰まりにくくなる優れもの。4サイズ展開なので、様々なグリストラップに対応可能です。2ステップ目の「グリースクリーン」は、槽内に浮かべるだけで簡単に油脂類だけを吸着。グリストラップの蓋としても使用できるため、臭いの軽減が図れます。

そのほか、溜まったヘドロを立ったまま回収できる「すくいん棒」、グリストラップから漂う悪臭に吹きかける消臭剤「グリスト清」も販売中。「グリスト清」は+αとして使用するグッズなので、現場のニーズに合わせて導入を検討してください。

旭化成ホームプロダクツで
取り扱う製品の口コミ

すくいん棒
※引用元:旭化成ホームプロダクツ公式HP(https://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/business/greasetrap/sukuinbou/)
すくいん棒の口コミ:
底に溜まっているゴミを除去でき
悪臭が軽減

グリストラップが深いので非常に重宝しています。今まで毎日きちんと掃除していても悪臭だけは残っていたのですが、このすくいん棒を使用して底に溜まっている残渣(ざんさ)を綺麗に取り除けるようになってから悪臭がおさまりました。うちの店では丁度よかったですが、ザルのサイズは確認して購入した方が良いかと思います。

グリストネット
※参照元:旭化成ホームプロダクツ公式HP(https://www.asahi-kasei.co.jp/saran/products/business/greasetrap/net/)
グリストネットの口コミ:
1日140円のコストで時間も節約

第一層部分のカゴの掃除が、これがあるのとないとではだいぶ違います。1400円で10枚入りなので、一日140円のコストですが、140円払って日々の時間が短縮されるなら迷わずこれを選びます

旭化成ホームプロダクツの
基本情報

  • 社名旭化成ホームプロダクツ株式会社
  • 住所東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 日比谷三井タワー
  • 電話番号03-6699-3430
  • URLhttps://www.asahi-kasei.co.jp/saran/

旭化成ホームプロダクツ
公式HPで
清掃グッズ・洗剤を探す

電話で問い合わせる

グッズ・洗剤

アスクル

  • 地域によっては最短当日お届け可
  • 法人なら1,000円(税込)以上の購入で
    配送料無料
スリーケー排水管洗浄液 1,529円(税込)
油吸着材ECO2 3,826円(税込)
アスクル公式HP
引用元HP:アスクル公式HP(https://www.askul.co.jp/)

アスクルの特徴

一通りグッズが揃う&
まとめ買いがお得な
大型通販サイト

アスクルは、オフィス用品や現場用品を販売しているメーカーです。グリストラップの清掃に使える便利な現場用品も多数販売しており、油脂吸着剤やグリストラップ清掃の補助剤、ヘドロキャッチャーなどを扱っています。

アスクルが取り扱うグリストラップ清掃グッズの一つである「スリーケー排水管洗浄液」は、天然バイオの力でヌメリや悪臭を抑える排水管洗浄液。清掃後に再び「ぬめり」が付着しづらくなる再付着防止機能を備えており、約1ヶ月間汚れにくい状態を保ちます「油吸着材ECO2」は、グリストラップの浮上油回収に適した天然素材の油吸収材。油を瞬間的に強力吸着します。そのほか、時期によって商品の品揃えは異なるものの、コストを抑えて一通り清掃グッズを揃えることが可能です。

地域によっては最短当日での配送に対応しており、法人であれば1,000円(税込)以上の購入で配送料が無料。個人クレジットカード決済も行っているので、注文ごとに支払い方法を設定できて利用しやすいでしょう。

アスクルが取り扱う
製品の口コミ

スリーケー排水管洗浄液
※引用元:株式会社スリーケー公式HP(https://suri-k.com/products/pipe-cleaning)
スリーケー排水管洗浄液の口コミ:
たくさん入っているのでコスパ良し

市販のものだとほぼ一回きりで大胆に使えず、効果もイマイチ。こちらはたっぷり入っているので一回で効果が感じられなかった時やふと必要になった時などストックできるので助かっています。今までのものより安心して使え効果も高くコスパも文句なし

※引用元:アスクル公式HP( https://www.askul.co.jp/review/2988204/
油吸着材ECO2
※引用元:楽天市場HP(https://item.rakuten.co.jp/kaiteki-elife/4571249330136/)
油吸着材ECO2の口コミ:
しっかり油を吸着するので
掃除がしやすい

週一でグリストラップを清掃していますが、ちゃんと油を吸収してくれて汚れを掬いやすいです。ネットを破ってばら撒くと、特に油吸収しやすいです。

アスクルの基本情報

  • 社名アスクル株式会社
  • 住所東京都江東区豊洲3-2-3 豊洲キュービックガーデン
  • 電話番号03-4330-5001
  • URLhttps://www.askul.co.jp/kaisya/index.html

アスクル公式HPで
清掃グッズ・洗剤を探す

電話で問い合わせる

グッズ・洗剤

テクノ

  • 一般家庭・飲食店・食品工場向け
    専門ショップ
  • 様々なメーカーの
    グリストラップグッズを用意
グリストらくらく1L 3,080円(税込)
電動ドリル用泡立て棒 14,000円(税込)
テクノ公式HP
引用元HP:テクノ公式HP(http://www.tt-techno.co.jp/)

テクノの特徴

グリストラップ清掃グッズを
害虫駆除専門店が厳選

害虫駆除応援専門ショップである「テクノ」では、一般家庭・飲食店・食品工場向けの害虫や害獣駆除用品を販売しています。11,000円以上商品を購入すると、全国を対象に送料無料で商品を配送します(※北海道、沖縄、離島、重量物は別途料金)。

グリストラップの洗浄剤も販売しており、いち商品である飲食店舗向け洗浄用品「グリストらくらく」は、攪拌(かくはん)することで油分を包み込み、グリストラップ内をサラサラの状態に乳化する洗浄剤。ごみやカスは多少残るものの、セルフ清掃を後押しする製品です。「グリストらくらく」はよくかき混ぜないと意味がないので、攪拌(かくはん)には「電動ドリル用泡立て棒」の購入もおすすめ。そのほかにも様々な清掃グッズを取り扱っているので、現場のグリストラップに合わせて適切な製品を探してみましょう。

テクノが取り扱う製品の口コミ

グリストらくらく
※引用元:エキップ株式会社公式HP(https://greasetrap.e-equip.jp/products/detail/3)
グリストらくらくの口コミ:
半信半疑だったが
ここまで掃除できれば十分

初めての購入だったので半信半疑でしたが、購入して良かったです!油が分解?されて、浮いてきたゴミをすくって掃除完了しました。業者の方にしてもらうようには綺麗にできませんが、ここまで掃除できれば十分かなって思います。匂いもあまりしなかったです。今度は送料がかからないようにまとめて購入したいと思いました。

※参照元:楽天市場公式HP(https://review.rakuten.co.jp/item/1/285675_10000037/1.1/
グリストらくらく
※楽天市場公式HPキャプチャ(https://item.rakuten.co.jp/tt-techno/10000037/?s-id=review_PC_il_item_01)
グリストらくらくの口コミ:
みるみる汚れが溶けました

店内の匂いが気になり、お願いしました。とても汚い状態になっていたのですが、みるみる汚れがとけて、油が浮き、簡単に汚い汚れがおちました。最後にはピカピカになり、とても感謝しています。ありがとうございます!

※引用元:エキップ株式会社公式HP(https://greasetrap.e-equip.jp/

テクノの基本情報

  • 社名テクニカルトランスミット・テクノ株式会社
  • 住所大阪府高槻市萩之庄3-3-6
  • 電話番号072-660-6500
  • URLhttp://www.tt-techno.co.jp/index.html

テクノ公式HPで
清掃グッズ・洗剤を探す

電話で問い合わせる

グッズ・洗剤

アクアサービス

  • 水環境管理専門の老舗企業
  • 環境にも人にも優しい製品を販売
グリストラップ洗浄剤HG-3 8,635円(税込)
アクアサービス公式HP
引用元HP:アクアサービス公式HP(https://www.aqua-s.jp/kankyo/greasetrap.html)

アクアサービスの特徴

水環境改善のプロが開発した
環境と人にやさしい洗浄剤

アクアサービスは、1986年に創業し、海湾、湖沼、ダム、河川など、水環境を改善する事業を手掛けてきた企業です。グリストラップ清掃においては、槽内の廃油を石鹸水に変える洗浄剤「HG-3」を販売。石鹸水で槽内を洗浄し、排水管の詰まりや悪臭の改善に効果を発揮します。

HG-3を使用して排出される水は、脂肪酸として水棲生物に食べられ自然の循環の中で完全に消化。水環境の改善を事業として掲げる企業だからこそ、環境への配慮を怠りません。またHG-3は、希釈すれば厨房の床などの油分を落とす洗浄剤として扱えるほど、人の体にも優しいもの。グリストラップの清掃初心者でも安全に作業を行えるでしょう。

アクアサービスが取り扱う
製品の口コミ

アクアサービス株式会社公式HPキャプチャ
※参照元:アクアサービス株式会社公式HPキャプチャ(https://www.aqua-s.jp/kankyo/HG3osusume01.html)
洗浄剤HG-3の口コミ:
ヘドロも解消できる優れた商品

リピーターです。ヘドロ状の油分が、サラサラになり優れた商品だと思います。真っ黒に油が固まった壁面も、ブラシで擦ると、汚れが取れました。初めて購入したときは、内容量が不明だったので、届いた時容量にしては高い!と思いました。セット販売してほしいです。

※引用元:楽天市場公式HP( https://review.rakuten.co.jp/item/1/258188_10000259/1.1/

アクアサービスの基本情報

  • 社名アクアサービス株式会社
  • 住所福岡市博多区住吉4丁目7番19号
  • 電話番号092-475-4131
  • URLhttps://www.aqua-s.jp/

アクアサービス公式HPで
洗浄剤「HG-3」を探す

電話で問い合わせる

グリストラップ清掃の
清掃頻度や注意点
マルッと解説

GREASE TRAP

グリストラップの構造役割

グリストラップの構造とその役割を把握しておくと、適切な清掃方法や頻度が分かるようになります。構造を踏まえてしっかりと清掃を行い、悪臭・害虫の発生や詰まりを防ぎましょう。

グリストラップの構造と役割

第1槽

害虫の餌「生ごみ」を回収

グリストラップの第1槽にはバスケットがあり、大きな生ごみを回収する役割を担っています。

網目よりも小さな生ごみは沈殿しますが、大きなごみを第1槽で回収することにより、排水菅を詰まらせる要因を取り除きます。

害虫のエサとなる生ごみを廃棄するためにも、バスケットは毎日清掃しましょう

第2槽

悪臭の元になる汚泥を蓄積

第1槽で取り切れなかった生ごみは、第1槽と第2槽の間にある仕切り板でせき止められて沈殿し、汚泥として蓄積します。第2槽に溜まる汚泥は悪臭の原因となるため、月1回はすくい上げて廃棄するようにしてください。

また、仕切り板があることで水に結び付いている油脂分が分離し、第2槽の水面に浮上します。浮上した油脂は週1回のペースで取り除きましょう

第3槽

詰まりを防ぐ最後の砦

第3槽に流れ込んでくる水は、第2槽の働きもあって油脂分が少ない状態です。

さらに油脂分の少ない水だけを下水道へ流すために、第3槽では水中に管があるトラップ菅から排水。

トラップ菅により水中から水を引き込むことで、水面に浮いた油脂が排水菅を詰まらせずに済むのです。

グリストラップの正しい清掃頻度を知っていますか?清掃頻度は、現場の状況によって異なります。

業種・施設ごとのグリストラップ清掃頻度
飲⾷店 平均月1回(油脂の使用が少ない場合は平均2カ月に1回)
保育園‧学校 平均2カ月に1回
病院‧介護施設 平均2カ月に1回

例えば、飲食店の平均は月1回、飲食店の中でも油脂の使用が少ないカフェやファミレスは、2カ月に1回のペースでの清掃が平均的。調理施設がある保育園・学校も平均2カ月に1回、病院・介護施設も平均2カ月に1回のペースで清掃を行うと良いでしょう。

厨房の使用頻度や使う油脂の量によって汚れが蓄積するスピードが異なることを考えると、業種ごとにグリストラップの清掃頻度の目安があるとはいえ、基本的には毎日の清掃が必要です。施設ごとに清掃を怠った場合のリスクも異なるので、必ず確認しましょう。

施設別グリストラップ清掃の
リスクと導入事例を紹介

グリストラップの清掃を怠ることで、起こりうる問題について紹介していきます。清掃が滞ることで発生する、悪臭・害虫・詰まり・汚れのリスクを踏まえておくと、毎日の清掃も前向きに実施できるようになるはず。

悪臭の発生

グリストラップの清掃を怠ると、槽内に油脂・汚泥が蓄積します。油脂は酸化すると臭いがきつくなり、汚泥は油脂よりも臭いがきついので、蓄積するほどグリストラップから悪臭が漂う事態に発展します。

汚泥は月1回、油脂は週1回取り除いて、悪臭の原因を解消しましょう。汚泥は自分ですくい上げる場合、取り残しが発生するリスクがあるので注意が必要です。

害虫の発生

グリストラップの清掃頻度が適切でない場合、害虫が湧くリスクが高まります。害虫の中には油脂・汚泥を好んで食べる虫もおり、放置すると増え続ける可能性が…。

チョウバエなどは水中でも産卵するので、油脂・汚泥を取り除かない限り、発生を防ぐことはできません。定期的な清掃を行い、害虫が棲みつく前に対処しましょう。

詰まりの発生

グリストラップの清掃頻度が正しくないと、排水管が詰まってスムーズに排水できない恐れがあります。

網カゴに溜まる生ごみ、汚泥や油脂の処理を行い、トラップ管に油脂や生ごみが流れないようにしましょう。特に油は放置すると固形化し、詰まる原因となります。定期的な清掃を実施して、キレイな状態をキープしてください。

汚れの発生

グリストラップを清掃しないことで、槽内が汚れるのは言うまでもありません。網カゴから漏れた生ごみが蓄積し、ヘドロが発生します。

汚れたままの状態で放置すると、悪臭や害虫の発生はもちろん、大腸菌などのウイルスが増えて衛生的に大問題です。グリストラップの汚れは放置せずに、定期的な清掃で底からヘドロをすくい上げて取り除きましょう。

POINTS

知らなかったでは済まされない
グリストラップ清掃の
注意点

グリストラップ清掃は、ゴミの処理や清掃時の対応にも注意が必要です。特に、自分たちでグリストラップを清掃する際に起こしがちなミスを2つ解説します。

POINT 1

グリストラップのごみは
産業廃棄物として
処理する必要がある

グリストラップのごみは産業廃棄物です。一般ごみで廃棄すると、1,000万円以下の罰金、もしくは5年以下の懲役が科せられます。汚泥・油脂を回収した後は、産業廃棄物として処理しましょう。産業廃棄物の処理を業者に委託する場合は、許可を得ている業者に委託してマニュフェストを交付し、処理後に写しを受け取る必要があります。

POINT 2

清掃時の恰好のまま室内や厨房に
戻るのは絶対NG

自分たちでグリストラップを清掃する際に意外とやってしまいがちなのが、清掃を行ったユニフォームのまま室内や厨房を歩き回ること。衛生環境を悪化させる要因となり、飲食店であれば食中毒発生のリスクが高まります。グリストラップ内は、コレラ菌・赤痢菌・ペスト菌・O157・レジオネラ菌・ノロウイルスなど細菌の巣窟です。清掃した格好のまま室内や厨房に戻らないことはもちろん、必ずユニフォームを着替え、こまめに洗濯してください。

HACCP本格始動で
グリストラップの
清掃・管理
が益々重要

平成30年6月13日に食品衛生法等の一部が改正され、原則として全ての食品等事業者はHACCP(ハサップ)に基づいて衛生管理を行うことが盛り込まれました。HACCP(ハサップ)とは、衛生管理手法のこと。導入せずに食品事故が起こった場合は、「3年以下の懲役または300万円以下(法人は1億円以下)の罰金」という、非常に重い罰則が課せられます。今後、グリストラップの清掃・管理はますます重要視されるでしょう。

※引用元:エイ・アイ・シー公式HP(https://eco-kankyo.com/service/ozon_greestrap)

【PR】より衛生面
気を配るなら

「毎日自動清掃」
浄化装置が
楽&常に清潔

HACCPにより、ますますグリストラップの清掃・管理が大切になるとはいえ、良好な衛生環境を保つのは大変なもの。自分で掃除するとやり残しが出たり、業者に依頼するにしても次回の清掃日までに結局汚れが蓄積したりと、様々な問題点が出てきます。グリストラップを清潔な状態に保ち、なおかつ清掃管理を楽に行うには浄化装置の設置が簡単。「毎日自動清掃」を叶える、AICグリースオゾナイザーについてご紹介します。

グリストラップが
常に綺麗に&
清掃が楽になる
浄化装置の秘密

グリストラップ清掃の方法を検討した結果、手間よりもコスト削減を重視して「自分で掃除をしたい」と考えている方に向けて、清掃の仕方・適切な清掃頻度についてまとめました。詳しい清掃方法をチェックして、適切な衛生管理を行いましょう。

グリストラップの掃除の仕方は?

PROCESSOR

首都圏の
グリストラップ
清掃業者
⼀覧

東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県のグリストラップ清掃業者をご紹介します。自社に合った清掃業者を選びましょう。各都市の条例や清掃業者の選び方についても触れているので、まだ業者が決まっていない方は参考にしてください。

首都圏のグリストラップ清掃業者⼀覧
DEVICE

グリストラップ
浄化装置


取り扱う会社⼀覧

グリストラップ浄化装置を取り扱う会社⼀覧

グリストラップの浄化装置を取り扱う会社をご紹介します。グリストラップの清掃作業の負担を軽減したい、今後重要視される衛生管理に今のうち力を入れておきたいと考えている方は、自店に合った浄化装置を見つけてみましょう。浄化装置の違いがよく分からない方は、各社の情報を依頼時の判断材料にしてみてください。

グリストラップ浄化装置を
取り扱う会社を詳しく見る

グリストラップ浄化装置を取り扱う会社⼀覧
TOOLS

グリストラップ
清掃道具・洗剤

取り扱う会社⼀覧

グリストラップ清掃道具・洗剤を取り扱う会社⼀覧

グリストラップの清掃道具・洗剤を取り扱う会社をご紹介します。グリストラップ清掃の手間がかかってもコスト削減を重視したい、清掃に割ける人員を確保しているから自分達で清掃をしたいと考えている方は、清掃道具・洗剤を検討してみてはいかがでしょうか。清掃道具・洗剤の選び方についても紹介しているので、購入する際の参考にしてください。

グリストラップ
清掃道具・洗剤を
取り扱う
会社を詳しく見る

グリストラップ清掃道具・洗剤を取り扱う会社⼀覧