害虫の発生

害虫対策

ここでは、グリストラップを設置していて害虫が発生する原因について解説していきます。グリストラップから害虫が発生する原因と解決方法を知っておくと、使用頻度の高い店舗・企業でも害虫の発生を防げるでしょう。

害虫が発生する原因

グリストラップを設置していて害虫が発生する原因は、大きく分けて2つあります。1つ目はグリストラップに浮いた油脂が害虫のエサになる点です。チョウバエのエサになるだけでなく、水中で産卵する恐れがあるため、気づいた時には既に被害が拡大している恐れがあるでしょう。そして、2つ目の原因は汚泥の蓄積です。汚泥もチョウバエなどの害虫が好むエサとなり、汚泥を放置すると、瞬く間に害虫が増える要因となります。

害虫の発生による店舗・施設への
リスク

害虫の発生により、店舗・施設の衛生環境が悪化するリスクがあります。チョウバエなどの害虫は店舗・施設内を飛び回るため、グリストラップで付着した雑菌があちこちに飛び散ることになります。店舗や施設の利用者が害虫を目撃し不快な思いをする恐れがあるだけでなく、衛生環境が悪化し食中毒などを引き起こすリスクがあるので注意しましょう。

害虫の発生を解消する方法

自分で対応する方法

害虫の発生を防止するには、こまめな清掃作業が必要です。とはいえ、大量の油脂・汚泥が発生するような現場では、自分で清掃をするのは大変なもの。グッズを使用するなどして、少しでも清掃作業の負担を軽減させることが大切です。自分での作業に限界を感じる場合は、業者・浄化装置に頼る方法と組み合わせてみましょう。

業者や浄化装置に頼る方法

害虫の発生を防ぐには、とにかくグリストラップを清潔に保つ必要があります。定期的に業者に清掃を依頼する店舗・施設は少なくありませんが、使用頻度が高いと定期的なメンテナンスだけでは清潔な状態を保つのは難しいといえます。そこで、定期的なメンテナンスだけでは害虫の発生を防げない場合は、浄化装置に頼るのも一つの手です。浄化装置を設置すると、見違えるほどに清掃にかける労力が減ります。油脂分の量が軽減するので、定期的な清掃までは自分達で汚泥・油脂をすくい上げるだけで済むでしょう。

害虫の発生をいち早く解決する
グリストラップ清掃方法とは?

害虫の発生を早く解決するために、グリストラップ清掃会社を利用したい人、グッズを使用して自分の手でメンテナンスをしたい人に向けて、現場に適した清掃方法を紹介。清掃方法ごとに、全国に対応している業者についてもまとめているのでチェックしてみてください。

掃除が楽になる!
グリストラップ清掃の
方法を見る