保育園・幼稚園

ここでは、保育園・幼稚園でグリストラップ清掃を怠るリスクと、事例についてご紹介します。小さな子どもが大勢いる施設なので、こまめな清掃やメンテナンスが必須です。先生方はぜひチェックしてくださいね。

保育園・幼稚園でグリストラップ清掃を怠るリスク

子どもが怪我をする可能性がある

小さな子どもが大勢いる保育園や幼稚園では、グリストラップ清掃をする際に周辺への注意が必要です。清掃時に子どもたちが近くにいないのかはもちろん、清掃後にはグリストラップのフタが閉まっているか、簡単に開く状態ではないか確認しましょう。長年使用していると蓋が劣化している可能性もあるので、グリストラップ自体の状態を定期的に観察し、怪我が起こらないように気をつけてください。

民家へのトラブル

保育園や幼稚園の近くには民家があることが多いので、作業音でのトラブルが発生する可能性があります。また飲食店などと違い、夜ではなく日中に作業を行う場合も多いです。ホースを引きずったり、作業音が長時間続いたりしないように注意してください。万が一長引くのであれば、事前に近隣住民へ連絡しておくとトラブルが少ないでしょう。

悪臭、害虫が発生する原因

グリストラップ清掃を怠ると、油脂やヘドロが溜まり、排水管が詰まります。その結果、悪臭やゴキブリやネズミなどが出現する可能性が高まります。万が一、園内でゴキブリやネズミなどが出てしまうと、子どもたちが気づかぬうちに触ってしまう可能性も。菌によって感染症などのリスクを引き起こさないためにも、清掃はこまめに行いましょう

保育園・幼稚園のグリストラップ清掃事例

蓋の腐食の危険を事前にチェック

幼稚園のグリストラップを清掃した事例です。定期的なメンテナンスを行うことで、油脂やヘドロを除去するだけではなく、蓋の腐食等の危険を事前にチェックしています。悪臭や害虫を予防するだけではなく、子どもたちに怪我がないように確認を行いました。

※参照元:アイエスジー株式会社HP(https://www.isgnet.jp/greasetrap/case07/

アイエスジー株式会社の事例画像
引用元:アイエスジー株式会社公式HP
(https://www.isgnet.jp/greasetrap/case07/)

園の厨房内での事例

保育園の厨房内のグリストラップを清掃した事例です。先生がこまめに掃除をしているものの、油脂の塊や、沈殿物を完璧に除去することは難しいです。業者の手によって細かい部分まで清掃を実施しました。まわりを汚さないように養生なども徹底しています。

※参照元:デザインリフォーム・クリーニング・内装工事・住宅設備リフォームHP(http://www.osoujikakumei.com/article/14519301.html

アイエスジー株式会社の事例画像
引用元:アイエスジー株式会社公式HP
(http://www.osoujikakumei.com/article/14519301.html)

施設別・グリストラップの
適度な清掃頻度を確認する

どのような清掃方法が最適?適切な方法を探す

グリストラップ清掃の経験がないと、どんな清掃方法が適切か迷ってしまいます。施設によって配慮しなければならない点も変わってくるため、清掃方法についてしっかり確認しましょう。

掃除が楽になる!
グリストラップ清掃の方法を見る