3つの清掃方法から選ぶグリストラップ清掃の手引き > 全国のグリストラップ清掃業者一覧

全国のグリストラップ清掃業者一覧

グリストラップ清掃業者

膨大な企業情報を収集・発信するポータルサイト「Baseconnect」で検索し、表示された東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県のグリストラップ清掃業者を紹介します。業者一覧と選び方をまとめているので、各都県に該当する店舗や施設は以下を参考にしてみてください。

また、グリストラップの清掃は業者に依頼する以外にも、浄化装置やグッズを使用する方法も選択肢としてあります。気になる方は、下記からご確認ください。

あなたの現場に合った
グリストラップの清掃方法を探す

東京都のグリストラップ
清掃業者一覧と選び方

東京都では、飲食店・食品加工を行う施設はグリストラップの設置が義務付けられています。グリストラップの設置をした後は、汚れを防いできれいな状態を保つことも定められているので、定期的な清掃を行いましょう。清掃業者に依頼する場合は、グリストラップ内の汚泥や残渣も一緒に廃棄してもらえる、産業廃棄物処理の許可を得ている業者を選びましょう。

東京都の
グリストラップ清掃業者一覧

神奈川県のグリストラップ
清掃業者一覧と選び方

神奈川県では、大量に油脂を扱う飲食店・食品加工を行う施設でなければ、設置の義務はありません。とはいえ、設置しないと、排水菅が詰まって漏水した責任を問われる可能性も。グリストラップの設置を行って、産業廃棄物の処理を適切にしている業者に清掃を委託しましょう。マニュフェストの発行にも対応している業者を選ぶと、適切な処理をした証明ができます。

神奈川県の
グリストラップ清掃業者一覧

千葉県のグリストラップ
清掃業者一覧と選び方

千葉県では、各自治体で下水道排除基準が設けられており、ノルマルヘキサン抽出物質含有量(動植物油脂類含有量)が30mg/L以下と決まっています。同数値は下水法第46条で定められた下水道排除基準と同じで、大量に油脂を扱う飲食店・食品加工を行う施設ではグリストラップの設置が必要です。千葉県内でグリストラップの清掃業者を選ぶなら、適切な処理を行うのはもちろんのこと、専門知識を持った資格者がいる業者を利用すると良いでしょう。

参考元:https://www.city.chiba.jp/kensetsu/gesuidokanri/eigyo/documents/gesuihaijyokijyun151021.pdf

※参照元[PDF]:千葉市HP「下水排除基準(表-1)」(https://www.city.chiba.jp/kensetsu/gesuidokanri/eigyo/documents/gesuihaijyokijyun151021.pdf

千葉県の
グリストラップ清掃業者一覧

埼玉県のグリストラップ
清掃業者一覧と選び方

埼玉県では、さいたま市で下水道条例施行規則の第4条により、「料理店、ホテル、食品加工工場等における脂肪類を多量に含む汚水の流出箇所には脂肪阻集器を設けること」と定められています。他の自治体でグリストラップの設置が義務付けられていないところも、グリストラップを設置しておくと安心です。業者を選ぶ際は、汚泥・油脂を適切に処理して、カゴや仕切り板まで丁寧に磨いてくれる業者を探しましょう。

埼玉県の
グリストラップ清掃業者一覧